地元亀岡市で創業50年以上これまでにたくさんの方々に注文住宅を提供してきました。

亀岡市の山信不動産はどんなお家を建てるの?
そんな疑問に簡易にまとめました。

  • 山信不動産の注文住宅は耐震性能に優れている
  • 山信不動産の注文住宅は断熱性能が高い。

山信不動産の注文建築は耐震性に優れている

山信不動産の注文建築では耐震性能の高い耐震等級の取得が可能です

現在の建築基準法では阪神淡路大震災程度の地震に耐えられる住宅が通常の建築確認で取得されます。

これが耐震等級1です。今お家を建てると必ずこの基準をクリアしております。

災害の増えている昨今、阪神淡路大震災以上の地震がくると予測されております。

耐震等級は2と3がありますが、3は耐震等級1の1.5倍以上の数値を達成した住宅に与えられる物です。

山信不動産の注文建築では災害が増えていることもあり、耐震等級3の取得をおすすめしております。

他社様では耐震等級3の基準をクリアされている事は多いようですが、山信不動産では認定証の取得も行っておりますので地震保険の割引などにもご利用いただく事が可能です。

又、山信不動産の注文住宅で使用している耐力面材ダイライトMSは

震度7の地震繰り返し試験で高い評価を得ており住宅の安定性を高めています。

山信不動産の注文建築は断熱性能が高い

山信不動産の注文建築は低炭素住宅の建築も可能です。

低炭素住宅とは断熱性能を高めてエアコン等の使用時間を減らし地球環境に良い住宅である。

これは国が断熱に関して定めた高い基準がありその数値をクリアした住宅が低炭素住宅です。

基準のクリアの要となる断熱材にはアクアフォームの吹付断熱を使用しています。

従来の物より隙間なく断熱材で埋める事ができ、低炭素住宅の基準を充たすために決められた厚さまで吹き付けます。

これにより山信不動産の注文住宅は断熱性能の高いお家となり、冬はあったか、夏はすずしいを持続しやすくなり、電気代の節約にもつながる住宅となります。

亀岡市で古くから注文住宅を扱ってきた山信不動産での新築もぜひご検討下さい。